So-net無料ブログ作成
  ・40なのに五十肩 ブログトップ

五十肩のリハビリ 10回目 +整形外科受診 [  ・40なのに五十肩]

リハビリと整形外科を受診してきました。

リハビリ受けながら
「MRIを撮ったら、肩のゴリゴリねぇ腫瘍って言われたんですよ」と言ったら
療法士君ピタっと手を止め、固まりました。
「腫瘍は温めちゃいけないんです
 血行良くすると腫瘍の成長を促すから」

いいです今更。
血行なんてったら、私走りまくりですから。
ここで15分温めるくらい「ヘ」です。

腫瘍があると話した後はもうマッサージどころではないらしく
それは力のこもらない指先から分かりました。
しばらく指が止まって
「整形外科を受診して腫瘍のことすぐ先生に話してください」と追い立てられるように
リハビリ室出ました。

肩の腫瘍の治療と五十肩のリハビリ、相反するようなら
肩の腫瘍の治療が優先かな。
10回目にして五十肩のリハビリ卒業?中途退学?かもです。

「肩の腫瘍」整形外科の記事はこちら

nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

五十肩のリハビリ 9回目 [  ・40なのに五十肩]

リハビリ行ってきました。9回目[かわいい]

今日は患者さんで混んでました。
ここのリハビリ室、理学療法士さんは4人いますが、
10人以上待ってたと思う。

まずうつぶせに寝て背中を15分くらい温めます。
たいていウトウトします。

今日は珍しく文庫本を読んでたのでウトウトせずに待ってたんです。
見えないけど、(見ちゃいけないけど?)私の横で数人のリハビリがサクサクと進んでって
ハタと気づいた。

他の人は処置の時間が短い!
私は前より短くなったとはいえ、40分くらいはかかるかも。

グイグイ.....イデデデΣ(>ω<ノ)ノと肩と首を揉んでもらい
ガッシガシ肩を回され、変な位置から関節技をキメられ(←違うなこれ)
家でやる体操を教えてもらい 「はい、終了」となります。

リハビリに通い始めたころ、「体操教えてもらって自分で治す!」と意気込んだけど
理学療法を受ければ受けるほど
これは一人では治せなかったなあと思います。
私を担当してくれてる療法士君、腕もいいと思うんです。

患部も症状も違うから一概にはいえないけど
五十肩は治療する側から見ても手がかかるんだろうな~と思ったのでした。

リハビリが終わり、
「どうですか?よくなってますか?」の問いに

「最初のころはガチガちだったのが、
肩甲骨は動くようになってると思うんです
少し動きだすとリハビリも大きくできるのでグンとよくなりますね。
この調子で加速度的によくなるのかな[ぴかぴか(新しい)]」とウキウキ答えました。

「今後はそんなに急にはよくならないと思いますよ」とくぎを刺されました。

トホホ、そーですか (-ω-) 五十肩あなどれず。


nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

五十肩のリハビリ 8回目 [  ・40なのに五十肩]

五十肩のリハビリに行きました。[かわいい]もう8回目かぁ。
一昨日(8/25)あたりから一気に肩甲骨の調子がよくなりました。
自分でも動くようになってきたのがかります。

いやいや「3歩進んで2歩下がる」五十肩だから
まだまだ気は抜けません。

15分くらい背中を温めて
その後マッサージ←Σ(>ω<ノ)ノ頭のてっぺんから足先までビリビリくるほど痛い
そしてストレッチ

背中を向けて座って肩甲骨の位置を確かめてもらいます
PT:「意識してます?」
私:「してます」
意識すればオードリー春日姿勢ができるようになってきてるんです。
リハビリ開始当初は普通の姿勢が完全猫背だったのが、正しい位置に肩甲骨がくるように。
左右のバランスが悪かったのも、治ってきてる。

よしよし、いいぞ[かわいい]
だって毎日1時間近くリハビリやってるもの。
仕事中でも運転中でもちょっと時間みつけて肩甲骨を動かしてるし。
そろそろ効果が出てくれなくちゃ。

肩甲骨の動きはだいぶよくなってきてる。
注射後の筋肉硬直はまだ時間がかかりそう。
「肩の構造は複雑だから」....か。ふ(遠い目)

......「先週MRI撮るはずだったの先生忘れてましたよ」と嫌味を言ったら、
PT君は苦笑いしてました。

「自宅でもやってください」と体操を指導してもらって終了。
毎回新たな体操が追加されるので、もう覚えられません~。

五十肩、ちょっと一歩前進です[ぴかぴか(新しい)]
嬉しい[るんるん]GOALまであと何歩かな~。

nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

五十肩のリハビリ 7回目 +整形外科受診 [  ・40なのに五十肩]

五十肩のリハビリに行ってきました。[かわいい]
7回目。今日は3週間に一度の整形外科受診の日。

がっかり脱力、拍子抜けでした。
「肩は構造が複雑だからMRI撮りましょう」って言われて今日がその日だと思ってました。
原因が分かるの楽しみにしてたんです。

ところが、MRIの予定が入ってなかったんです。
っつーか、この整形外科にはMRIの機械が導入されてなかったんです。

Dr.「肩の調子はどう?」

私 「肩甲骨はリハビリのおかげでだいぶ動くようにはなったけど、
   三角筋の突っ張る感じとか、朝の痛みが抜けないです」

Dr.ぐるぐる肩を回して、
   「そうだね。少し改善してるからこの調子でリハビリ続けて。はい、いいです」

私 「え?今日MRI撮るんじゃなかったですか?」

Dr.「あ、前回そう言ったんだっけ。あ、そうだ、そうだ。
   どうする?撮りたかったらA医院に行ってもらうことになるから
   3時くらいに来てもらいたいんだよね。
   うちで撮るなら2ヵ月後。」2ヵ月後に導入するらしい。

はぁ~~~~~~~~~  もぅ~~勘弁してください。降参です。
何に降参?

前回の診察後に整形外科の先生と理学療法士で
「肩の構造は複雑だからよく調べてみないと原因が分からない。
MRI撮ってみよう」と話し合ったのでは?
先週、療法士杉岡君も「詳しく調べてみるよう先生に話しておきますね」って言ったぞ。
原因分からないけど、適当な指導のもとリハビリ続けてるわけですか。私。

結局、2~3分の診察後、リハビリ室へ行きました。
仏頂面でリハビリを受けました。
(くっそ~、杉岡、お前もしっかりしろ~、先生に伝わってないじゃんか~)
だから療法士杉岡君ほめません今日は。いい人だけど。

医者と患者のコミュニケーションってホントに難しいですね。
この手の不愉快な対応
自分の仕事ではこんなことないようにしようって
いつも反面教師にして肝に銘じてます。

顧問先との関係は密に対応は丁寧に。
嫌な顔したり、忙しぶったり、紋切りで答えないように。
相手の気持ちに沿うように。
仕事の関係とはいえ、人と人のつながり。
信頼関係が一番大事です。

nice!(0)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

五十肩のリハビリ 6回目 [  ・40なのに五十肩]

五十肩のリハビリで整形外科に行きました。[かわいい]
今日で6回目。

人体図(筋肉)

明日13日からお盆休み。
今日は午後が手術の日で午前中のみの診察。
ということで、午前中行きました。
あ、さぼりじゃないですよ。お昼の休憩をちょっと拡大して。
ん~違うな。かなり拡大して。

患者さんのメンツが違いました。
午前中の患者さんは小学生とか高齢者が多かったー。
いつもは就業後18時頃から19時頃来てるので
サラリーマンと部活帰りの中高生ばかり。
時間帯で患者の住み分けってあるんだなぁ。

背中を15分温めて
ストレッチして
マッサージ。

「1週間、首と背中の後屈の体操はせっせとしてたから
 僧帽筋の痛みはあまりなくなったかな~と思うんです」

と言った途端、ぐっと押されて
アダダダダΣ(>ω<ノ)ノ ウソです。やっぱ痛いです(涙

でも、首は消去法で「はい消えました!」らしく
やっと三角筋の順番みたいです。

三角筋の筋拘縮をなるべく伸ばすよう言われました。
大胸筋の緊張が高い。三角筋も拘縮している。
肩甲骨が大胸筋によって前に、そして三角筋によって腕側に引っ張られてる。

肩甲骨の本来の位置ははもっと背中側でないといけないので、
胸を張って!といわれ続けているわけです。

来週、整形外科を受診して肩のMRI撮影です。
進捗があるといいな。

nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

五十肩のリハビリ 5回目 [  ・40なのに五十肩]

五十肩のリハビリで整形外科に行きました。[かわいい]5回目。
最初に行ったのが7月7日だったので、今日で1カ月ですわ。

行き始めは劇的に快復したので感動すら覚えたのですが、
ここ2~3回はあまり変わらず、
1カ月が経過してもすっきり快復という感じではありません。
肩の拘縮は相変わらずです。停滞期なのかな?

理学療法士さんの名前は杉岡君というらしい。
今日初めて知りました。息子といっても過言ではないので「君」で。

背中を15分温めて
その後マッサージ

「ここ痛いですか?」「ここは?」と目から火が出そうなツボを的確に突きます。
イデデデデ.......ヽ(ヽ>ω<)  
僧帽筋が固いらしい。いわゆる肩コリです。
痛めている方の左肩を押すと脳天まで痛みが走るのですが、
同じ位置を押されても右肩は平気。

Q「なんで痛みがでるの?」
A「筋肉が硬くなって、血行が悪くなってるから老廃物とか溜まって」

Q「筋肉が硬くなるのは、動かしすぎ?動かさないから?」
A「姿勢のせいでしょう。事務仕事はどうしても前かがみになるから肩に負担がかかると思います」


マッサージをつづけて、ん~と首をかしげてる。
療法士杉岡君は、拘縮症の原因がどうも限定できず
原因を消去法で消していくことにしたらしい。

「首」を怪しんだようです。

「首痛めたことありますか?」.......スキーで転んで痛めたことはあるけど、自然に治る程度だったかなぁ。
「まくらして寝ます?」.................は?しますよ。でもすごく低い枕です。

事務職なので首を前に落とした姿勢で事務をとる時間が長いです。
一方向にばかり固定した姿勢を続けていると筋肉が固まるらしい。
そこから「五十肩」?

筋肉注射は無視ですね。

私の肩だんだん迷路に入った感じ。
ま、長期戦覚悟で気長に続けます。

コメント(8) 
共通テーマ:健康

五十肩のリハビリ 4回目 +整形外科受診 [  ・40なのに五十肩]

今日はリハビリの前に整形外科の先生の診察も受けました。
「2週間後に診せて」と言われてたけど、あれ?3週間たっちゃってますね。

先生が診察室に来る前に、モニタを見てたら
私の今までのリハビリ受診履歴が表示されていました。
仕事:事務 ●●会計
趣味:バレーボール、ランニング
リハビリを受けた内容と経過
へーちゃんと記録してるんだ~。

先生が見みえて、腕を回したり曲げたり伸ばしたりしました。
上腕二頭筋の付け根が、ある角度で必ずコキっと鳴るんですって。

「ほら、ここで鳴るでしょう?」と言われたけど
(だから何?最初から言ってるじゃん)て思いました。

筋肉注射で三角筋を傷つけて瘢痕ができている(←日赤の先生が言いました)
三角筋が強張って肩甲骨や僧帽筋や大胸筋を引っ張っている。(←こちらの療法士が言いました)
話をまとめるとそういうことだと私は思うのですが素人の話は聞いてもらえません。
それは前回経験済み。
なので黙ってました。

なぜ、腕が拘縮しているのか、腕が脇につかないのかは分からないそうです。
診察室を出た後、先生と担当の理学療法士で相談した結果
もうしばらくリハビリしてよくならなければMRIで詳しく調べてみることになりました。
「肩の関節は複雑なので、よく調べないと分からない」ってなことで。

診察後のリハビリは
超音波やって
背中温めて
マッサージの後、座った姿勢で

「肩甲骨を寄せてみてください」

「もっと寄せてみてください」

「この位置が肩甲骨の正しい位置なんですよ。
 意識してこの姿勢を保ってくださいね」

えー!!!!これオードリーの春日状態じゃないですか?
どんだけ猫背だったかってことですね!

びっくりです。
キーボードに腕を伸ばしている姿勢やってみてください。
とくにノートパソコンなんか思い切り腕を伸ばして=肩を前に出している姿勢にならないですか?
この姿勢、肩甲骨の筋肉が伸び切って肩にはよくないんですって。
オードリーみたいな姿勢でキーボード入力.........................無理!何もできませんてば。

現代人の生活は体に歪みを出しやすい......らしいですよ。

コメント(1) 
共通テーマ:健康

五十肩のリハビリ 3回目 [  ・40なのに五十肩]

五十肩のリハビリに行きました。
今日は3回目

担当してくれてる理学療法士さんが「良くならないですか?」と心配そうなので、
肩甲骨は大分動くようになってきたこと、
肩甲骨が動くようになった分三角筋の強張りが際立って感じることを話すと、
ほっとしてました。いい人です。

ここのリハビリ、無駄話をしないで黙々とやってくれます。
うるさいくらい世間話をするところもあるので、最初はシーンとして??と思ったけど
無駄な馴れ合いがなくて気に入ってます。

リハビリの内容は15分背中の筋肉を温めて
マッサージを20分
体操を15分
超音波を5分...........トータル1時間くらいです。

肩は体の中で一番大きく動く関節で、
腕・胸・背中につながる筋肉が複雑な構造になっているため、
一度壊すと治すのに時間が必要なのだそうです。

私の肩、間違った信号を大胸筋に送っているらしく
胸の筋肉が常に力が入った状態なのだそうです。

一番不安に思ってることを聞いてみました。

◆家でリハビリ体操をしているので、どうにかよい状態に向かいつつあるけれど
 体操をやめると現状維持ではなく悪化するのか?

◆年をとっておばあちゃんになって、筋肉も落ちてしまったら、
 筋拘縮がひどくなり体が歪むのではないか?

答えは心配していた通りで、
リハビリを続けないと悪化すると思う。できるだけ体操は続けたほうが良い。
左の腕が肩甲骨を引っ張って肩甲骨が動いているので、背骨に歪みがでるかもしれない。
肩の関節がずれてきて痛みが発生するかもしれない。
というものでした。

う~、[もうやだ~(悲しい顔)]困ります。
五十肩ならリハビリに励めば治せる!と根拠のない自信があったけれど
今日はちょっとヘコみました。

nice!(0)  コメント(9) 
共通テーマ:健康
  ・40なのに五十肩 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。